精密板金加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金加工.com

精密板金加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

精密板金加工のコストを低減させるための設計ポイント

  1. 精密板金でスポット溶接を採用するならリベット組立も検討する
  2. 【精密板金における加工技術紹介】ローコストR曲げ加工
  3. 【35%C/D】アルミの箱モノは、スポット溶接でコストダウン
  4. 【80%CD】ナットの溶接は、スポット溶接で行う
  5. 【30%C/D】ダボの許容でコストダウン!
  6. 【35%C/D】タブの採用でコストダウン
  7. 曲げ工程の削減によるコストダウン事例
  8. 【80%CD】機械加工から板金加工への工法転換事例
  9. タブ構造に変更することで溶接レスを実現
  10. 【75%CD:その溶接、必要ですか?】部品一体化の提案事例
  11. 【50%CD】子部品は溶接せず、一体化して曲げで作る
  12. 【30%CD】貼り合わせ構造を、段曲げにより一体化
  13. 【10%CD】パイプ溶接品の部品一体化
  14. 【時間1/5、見た目向上!!】スポット溶接の採用でコストダウン
  15. 【溶接コスト 1/8!!】ピッチ溶接への変更で大幅コストダウン!
  16. 【46%CD!!】SPCC+メッキからSECCへの変更でコストダウン
  17. 【30%CD!!】寸法公差を見直すだけで大幅コストダウン
  18. 溶接スタッドからスペーサーへの変更によるコストダウン
  19. 位置決め作業を削減するよう設計を行う
  20. バフ仕上げを鏡面ショットマシン仕上げに変更する
  21. 大物の曲げ加工品は、作業効率を考慮し分割構造にする
  22. 下型に当たらず、曲がらない部分には、スリットを入れる
  23. 部品一体化によるコストダウン
  24. 穴の変形防止のため、曲げ位置に角穴を設ける
  25. SUS430-KD(タンデム材)採用によるコストダウン
  26. ボンデ鋼板(亜鉛メッキ鋼板)採用による納期短縮
  27. アルマイト処理が必要ならA1100を採用する
  28. SPCCからSUS材への変更で、納期短縮とコストダウンを行う
  29. 溶接指示の明確化によるコストダウン
精密板金加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ