精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

薄物の溶接は、全周ではなくピッチ溶接にする

BEFORE

 ステンレスなどの薄板の精密板金を設計する際、全周溶接はなるべく行わないようにします。溶接を行うと、特に薄板の場合は歪みが生じやすく、この歪みを取るために作業時間がかかります。さらに、全周溶接を行うこと自体も時間がかかります。

AFTER

 強度的・機能的に問題がなければ、薄板の溶接はピッチ溶接にします。同じ厚さの薄板でも、全周溶接からピッチ溶接に変更するだけで、溶接の作業時間はもちろん、歪み取りに要する時間を短縮することができます。特に薄板は全周溶接の場合は大きく歪んでしまうので、ピッチ溶接を検討するか、もしくは溶接を極力行わないようにすることがコスト低減に繋がります。

POINT

 厚物の溶接であれば歪みは目立ちにくい事がありますが、薄板の場合は少しの溶接でも歪みが生じます。その歪みはその都度歪み取りを行わなくてはなりません。薄板のワークに対して全周溶接を行うと歪み取りに要する時間が非常に多くかかってしまいます。従って機能上問題なければピッチ溶接に変更するだけで、歪み取りに要する時間を短縮でき、コストダウンができます。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ