精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

ファイバー溶接による薄板溶接の外観品質の向上

BEFORE

板厚が1mm以下の薄板の精密板金の場合、TIG溶接だと左の写真のように歪みが発生し焼け跡が残ってしまいます。特にステンレス鋼板の場合は歪みが大きくなります。
 高い外観品質を求める医療機器などの業界では、このままでは納入することができません。

AFTER

 薄板で、かつ外観品質が求められる場合には、TIG溶接やYAG溶接ではなく、ファイバー溶接を採用します。薄板に使用する溶接方法としてYAG溶接がありますが、ファイバー溶接は焼け跡はYAG溶接と同等レベルですが、連続溶接なのでビードがきれいに仕上がるため、見た目の品質が向上します。

POINT

薄板の精密板金の外観品質を向上させるためには、工法や溶接方法そのものを見直すことが必要です。薄板に用いる溶接にはYAG溶接やファイバー溶接がありますが、ファイバー溶接の方がビードが美しく仕上がるので、見た目を重視する精密板金に適しています。なお、品質面に関しても、連続溶接かつ溶け込みが深いので、気密性・水密性に優れています。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ