精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

溶接スタッドからスペーサーへの変更によるコストダウン

BEFORE

 左の写真のような溶接スタッド(CDスタッド)を処理鋼板に行う場合、裏面から溶接を行うため表面にはほぼ痕が残らないので外観部品に多く採用されます。しかし、1点1点位置合わせを実施してから溶接を行わなければならないため、手間がかかってしまいます。

AFTER

 溶接スタッドをクリンチングスペーサー(セルスペーサー)に置き換えることができれば、作業性が上がりコストダウンになる上、強度も向上します。
 ただし、セルスペーサーは加締めて取り付けるため下穴が必要になります。従って表から見えてしまうので、採用するに当たっては注意が必要です。

POINT

 スタッド溶接は、板に設けたポンチと突起部を合わせることで位置決めを行ってから溶接するので手間がかかります。これをクリンチングスペーサー(セルスペーサー)に置き換えることができれば、位置決めを確実に行えるので作業時間が短縮しコストダウンに繋がります。さらに、接合強度が増すというメリットもあります。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ