精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

大物の曲げ加工品は、作業効率を考慮し分割構造にする

BEFORE

 精密板金では、溶接を行わず一体化を行うことが品質とコストを低減する方法ですが、大きなワークについてはこの限りではありません。左の写真のように2人掛りで曲げ加工を行わなければならないケースでは、作業効率が低下する上、製品の寸法精度にも影響が出ます。

AFTER

 大きなワークの精密板金加工では、作業効率を考え部品を分割することを検討します。2人掛りでしか曲げ加工が出来ないようなケースでは、あえて分割構造にして溶接を行うケースがあります。こうすることで、曲げ加工時に発生する寸法のずれ等の懸念が無くなり、安定した品質の製品を製作することが可能となります。

POINT

 一体化は精密板金加工におけるコストダウンの方法の一つですが、大きなワークでは曲げ加工を行うことが作業効率の低下、または品質の低下を招く可能性があります。従って、こうしたケースでは一体化を行うのではなく、あえて分割構造とし、溶接や他の方法にて部品同士を接合することで品質の安定化に繋がります

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ