精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

部品一体化によるコストダウン

BEFORE

精密板金においては、溶接などを行わず、なるべく一体化を行った方が、コストが抑えられるケースがあります。左の図では、L曲げ形状の部品を、本体にTIG溶接・半自動溶接もしくはスポット溶接で取り付けています。このような設計を行うと、曲げ加工の他に溶接加工を行い、そして状況によっては歪み取りを行うことが必要となり、コストアップとなります(まれに同一材料でも本体と溶接部品で構成されている場合がある)。

AFTER

 精密板金では極力溶接を無くすように設計するとコストを抑えた製品作りが行えます。溶接を行わず、左の図のようにL曲げ形状を本体と一体化する事で、溶接及びスポット溶接の工程を削減し、曲げ加工のみで対応できます。溶接を無くすことで、焼けなども発生しないので外観上もきれいに仕上がります。

POINT

 精密板金で部品と部品を溶接する際には、必ず位置決めが必要となり、そのための治具を作成したり、あるいは部品それぞれにダボを打つなどの対策を行うなど、手間とコストが掛かります。従って、複数部品を溶接で仕上げるより、なるべく一体化で製作し極力溶接部分を少なくするように設計を行うだけで、手間とコストが削減でき、さらに外観や品質も向上します。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ