精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

穴の変形防止のため、曲げ位置に角穴を設ける

BEFORE

 精密板金では、外周加工と丸穴加工を同時に行うと手間がかからずコストダウンができます。
 しかし、左の写真のように曲げ近くにある丸穴・タップは、曲げ加工を行うと素材が伸びて変形してしまいます。
 そのため、曲げ加工後の穴あけ・タップ立てを行なわなければならず、工程が増えてコストが上昇します。

AFTER

 曲げ位置に近い丸穴の変形を防止するには、左の写真のように曲げ位置に角穴を設けるようにします。こうすることで、素材の伸びの影響が角穴部分で吸収されるので、丸穴が変形することはありません。ただし、導入にあたっては強度的に問題ないかを検討することが必要となります。

POINT

 曲げ加工は材料を圧力をかけて変形させるため、内側が縮んで外側が伸びるという現象が発生します。そして、曲げ位置に近ければ近いほどその影響は大きく、近くに空けられた丸穴などは変形することがあります。これを回避するために曲げ加工後に穴空けを行う方法もありますが、コストを重視するなら曲げ位置に角穴を設けるようにする事で、変形を回避することができます。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ