精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

YAG溶接による薄板溶接の高品質化

BEFORE

 板厚が1mm以下の薄板の場合、TIG溶接だと必要以上に母材に熱が入ります。特にステンレス鋼板の場合は、左の写真のように異常な程の歪みが発生します。
 このような歪が発生すると、特に面精度が重要視される精密板金の場合は、歪取りに時間がかかり、コストアップとなります。

AFTER

 TIG溶接からYAG溶接に変更することで、精密板金における歪を押さえることができます。左の写真は、YAG溶接を行った写真ですが、TIG溶接を行ったものよりも大幅に歪が改善されたことが分かります。
 さらに、歪みのほか、TIG溶接に比較し焼け痕も軽減されるので、見た目も向上します。

POINT

 精密板金は、いかに美しく、いかに精度よく製作するかが求められるため、溶接における歪や焼けの発生を極力抑えることが求められます。TIG溶接は溶け込み幅が大きいため熱による歪が発生しやすくなりますが、YAG溶接は溶け込み幅が狭く熱による影響が少ないので、歪を抑えた溶接を行うことが可能となります。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ