精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

アルミ材の曲げによる割れ防止のポイント<エッジ部分>

BEFORE

 アルミニウムは鉄やステンレスよりも曲げ加工による割れが発生しやすいので設計段階で対策を行うことが望まれます。特にアルミ材の厚板は、曲げ加工により曲げ部の外側のエッジ部に割れが発生してしまいます。割れの程度が軽微であればヤスリ等で仕上げることができますが、作業に時間がかかります。

AFTER

 アルミニウムは比較的割れやすい材質になるので、左の写真のように割れ防止のためにエッジ部に Cカット 又は Rカット を行います。このような処理を設計段階であらかじめ許容しておけば、割れ防止になる上、割れた後の仕上げ作業も軽減することができるので、品質の安定化と共にコストダウンも実現できます。

POINT

 精密板金に採用される材質には、鉄系・ステンレス系・アルミニウム系・チタンなど様々な材質がありますが、その中でもアルミニウムは最も曲げによる割れが発生しやすい素材です。従って曲げ加工を行う際には、上記のように割れが発生しないような形状で設計を行うことが必要です。割れ防止に最適な形状は厚さによって様々なので、精密板金を扱う企業にお問合せ下さい。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ