精密板金・プレス加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金・プレス加工.com

精密板金・プレス加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

ヘアライン処理の採用による外観品質の向上

BEFORE

 精密板金におけるカバーやテーブルなどの外観品は、その材質がステンレスやアルミの場合は、加工や組立などの際に表面にキズが入ると、目立ってしまいます。「キズなきこと」と図面で指示されているものや、外観を特に重視しているものの場合は、不良品となってしまい歩留まりが悪化し、結果的にコストアップとなります。

AFTER

 精密板金において、表面にキズが許されない概観部品については、キズが付かないように管理するよりも、キズが目立たない方法を採用すれば品質が向上します。
 たとえば、左の写真のように光沢のある2B材ではなく、ヘアライン処理を行った材料を使用すれば、仮にすりキズが付いたとしてもキズが目立ちにくいので、外観品質を一定に保つことが可能です。さらにキズの修正も可能です。

POINT

 ステンレス材は、2B材や磨き材など反射するほど綺麗な材質というイメージが一般的ですが、こうした材質はよほど丁寧に扱わないと簡単にキズが入ってしまうため、管理コストが上昇します。鏡面ほどの磨きが必要ないケースでは、キズがついても目立ちにくいヘアライン処理を行うことで多少のキズが発生しても外観品質を一定に保つことが可能となります。

精密板金・プレス加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ