精密板金加工の外観品質向上とコストダウンを両立させるためのVA・VE設計技術情報満載

精密板金加工.com

精密板金加工の技術相談室

  • お問い合わせ電話番号 0184-43-2211
  • メールでのお問い合わせ

キズレス板金を追求するための取り組み

BEFORE

アルミを使った外装品に使われる精密板金などは、キズが(殆ど)ない状態、つまりキズレス板金が求められます。通常、精密板金はブランク・曲げ・組立・溶接という工程を踏んで完成品となりますが、すべての工程においてキズがつく可能性があります。こうしたキズの発生を防止するために青いビニールを貼り付ける対策がありますが、この対策も片面の場合が多いので、完全なキズレス板金を実現することはできません。

AFTER

精密板金加工.comを運営する協和工業は、こうした精密板金における工程でのキズ発生を防止するために、製品を丁寧に扱うことに加えて、写真のように特殊なフィルムを貼り付けて作業を行うことでキズレス板金をご提供致します。写真はフィルムを剥いだ状態ですが、曲げ時につくヤゲン跡(金型の痕)もついていないのがご確認頂けると思います。

POINT

精密板金は、通常見える側(外装)と見えない側に分かれますので、一方は多少はキズも認められるという事が多いですが、まれに、表裏どちらもキズNGということもあります。そうしたキズレス板金でも、当社は対応できるノウハウがございますので、キズレス板金でお困りでしたら、お気軽にお問合せください。

精密板金加工の技術相談室 メールでのお問い合わせ